送ってみませんか

e0369112_19082826.jpg
















フクちゃん、こちらはやっと少し涼しくなって夜風に秋の気配も感じるようになりました。

さて、フクちゃんのことは次回ゆっくり書くとして(フクちゃんごめんね)・・・
今回は環境省が動物愛護管理法の見直しにあたって意見を募集(パブリックコメントといいます)しているので、そのことを書きます。

5年に一度しかないとても貴重な機会なのですが、環境省のホームページを開いて、案文を頑張って読んで・・・ここまでは出来ても、ブログを書くにも何日もかかる私は何からどう書けばいいのか悩んでいるうちに毎回期限が過ぎていました・・・

しかし!今回はそんな不甲斐ない私に朗報が[E:shine]
「ほぼ日刊イトイ新聞」に、パブリックコメントをできるだけ簡単に送ることができるように丁寧に解説されたページが掲載されました。

犬と猫と人間のはなし

ある方が実際に送られたパブリックコメントを参考に見ることもでき、その意見に賛成する場合はコピーして送っても差し支えないように了解をとられています。

もちろん自分で考えて調べて書いて送るのが一番!なのですが、とにかく送ることが大事!と思い、その意見に賛成だったのでほとんどコピーさせてもらって、さきほどメールで送りました。

なお、今現在の「ほぼ日刊イトイ新聞」には、環境省の受付メールアドレスの受信ボックスがいっぱいでメールでの受付ができない状態、と書かれていますが、さっき私が送ったときは普通に送ることができて、不達のメールも今のところ届いていません。

こちらのブログで知ったのですが、5年前の改正では、『8週齢規制』(8週齢未満の子犬子猫を親から引き離すことを禁止)がほぼ間違いなく改正される見通しだったのに、パブリックコメントの結果、反対意見が圧倒的多数で改正されなかったそうです・・・

ペットショップで買った生後1ヶ月に満たない子猫が食べ物を受け付けず、どんどん弱ってそのまま亡くなってしまった、という話を最近聞きました。
お母さんの母乳で十分な免疫力をつけないままお母さんから離されたことが原因のひとつだったのではと思います。
(イギリスなどでは8週齢未満の犬の流通・販売等が禁止されています)

犬や猫が大好きでも、そういった子犬や子猫が販売されていることを知らない人、パブリックコメントのことを知らない人、知っていても私のように送らない人がほとんどだと思います。

よかったら送ってみませんか。

[E:sign03]パブリックコメントは平成23年8月27日(土)必着です。

[E:dog]参考ページ
ほぼ日刊イトイ新聞:犬と猫と人間のはなし

環境省のホームページ

こちらのブログでもご自身のパブリックコメントを掲載されています。

e0369112_19082896.jpg
















前髪(?)をといてもらって気持ち良さそうなフクちゃん[E:clover]
今回の内容とまったく関係のない写真ですみません[E:sweat01]


[PR]
by fukunosukeno | 2011-08-21 17:47