いつか

e0369112_19084465.jpg

















フクちゃん、こちらはぐんと寒くなって、じゅうたんを敷いたり、ファンヒーターを出したりして急いで冬じたくをしています。
フクちゃんも天国でこたつにもぐっているでしょうね。
(↑の写真はツチノコではありません[E:dog])



毎年時がたつのが早くなるように思います。
あっというまに12月!
前に少し書きましたが、一戸建てに引っ越すことを決めて、秋には住む場所も決まったのですが、最近やっと間取りが決まったばかりで、これからまだまだ決めることがたくさんあって、引越しはいつになるやら!?という感じです。



新しい家に引っ越してすぐに犬を迎えるということはないと思うのですが、今は車がないのでガレージのスペースで犬を遊ばせることができるなぁとか、足を洗う水道もいるなぁとか、こっそり考えています。
実家のように近くに川はないけど、徒歩で行ける場所に大きな公園があるので散歩もばっちりできます。
ちょっと気が早いですが、とっても楽しみです[E:clover]



e0369112_19084425.jpg
















そしてちょっと不安もあります。
前は父と母がいて、娘の立場だった私。
もちろん娘の私も飼い主として責任をもつ人間のひとりだったけど、今度犬を迎えるなら、家庭の主のひとりとして、さらにちゃんと考えないといけない。
私もフルタイムじゃないけど仕事をしていて、それはどうするかとかも考えます。
私は雑種の、ある程度大きめの存在感のある犬が好きですが、旅行のときとか両親に預けることもきっとあるだろうから、両親の体力などを考えると、小型犬のほうがいいだろうと思っています。



日々食べ物を選んだり、体調がいいか気を配ったり、具合が悪いときに連れて行く病院を選んだり。
このへんは人間の子育てとほんとに同じですね。
飼い主として、これまでも当たりまえのことだったけど、今度は私がもっとしっかりしないと。

多分、実際に犬を迎えるのは何年も先のことになるので気が早すぎますが[E:sweat01]
十年以上一緒に過ごす家族ですもんね。
いつか旅立っていく日を受け入れる覚悟も、ちょっと大げさかもしれないけど、やっぱりいるんですよね。

e0369112_19084444.jpg














フクちゃん、フクちゃんの病気に気づけなかったこと、いつでも頼りにできるお医者さんとの付き合いをつくっていなかったこと・・・たくさんの後悔とか反省とか、悲しい思い出も忘れずに、もしいつか新しいわんこを迎えたら、今度はもう少しいい飼い主になれるようにするね。


[PR]
by fukunosukeno | 2012-12-02 15:53