カテゴリ:フクちゃんといっしょ( 132 )

はちねん

e0369112_11204298.jpg
フクちゃん、お元気ですか。そちらに行ってからもう8年が過ぎましたね。
今年はブログを書くのが少し遅くなってしまいました。ごめんなさい。

今すぐは無理だけどいつか犬を迎えたいと言ってた友達と一緒に
久しぶりに保護犬カフェに行ってきました。
いろいろな事情で保護された、種類も年齢も違うわんこが30頭ぐらいいて、
獣医さんがいるお店だったので、病気の治療中の子もたくさんいました。

カフェで応対?してくれるのは、人にも慣れている比較的健康な子たち。
興味津々で近寄ってくるけど触ろうとすると逃げていく子、
マイペースな子、すぐに抱っこさせてくれる子、
小さなモフモフちゃんたちは、どの子も個性があってかわいくて、
コーヒー一杯で数時間滞在してしまいました。

連れて帰ることは、まだできないけど、
保護犬ちゃんたちと会って、触れ合って、
楽しくて、いろんなことを感じることができて、良かったなぁ。
最近、猫の可愛さに押されていた気持ちが、グッとまた犬に傾いたような。
また行こうねと友達と話しています。
e0369112_18145084.jpg
モフモフちゃんたちが幸せに暮らせますように。

[PR]
by fukunosukeno | 2018-05-20 18:24 | フクちゃんといっしょ

ななねん

e0369112_21343973.jpg


フクちゃん、フクちゃんが天国で暮らすようになって、もう7年が過ぎましたね。

フクちゃんとよく散歩に行っていた川原、今では犬の散歩禁止のエリアもあるそうです。
ルールが増えていくことは仕方のないことなんだと思うけど、
上の写真のようなのんきな時代が、ちょっと懐かしいです。

実家に帰るたびに、古い家がどんどんなくなって、
アパートが建ったり、駐車場になったりしています。
町の風景の変化で時間の流れを思い知らされるようで、ちょっと寂しいです。
(感傷的になるのは年をとった証拠だな(- -;))

e0369112_22281703.jpg

でもね、家族みんなのフクちゃんへの思いは何も変わってません。
家族が顔を合わせると、今でもだいたい一度はフクちゃんの名前がでてきます。
こんなことがあった、あんなことがあった、と話します。
フクちゃんとの思い出と、一緒に暮らした日々は、
これからもずっと私たち家族の宝物です。

今年も川原にはシロツメクサの花が咲いてるだろうな。
久しぶりに散歩してみたいなぁ。

e0369112_22261849.jpg

[PR]
by fukunosukeno | 2017-05-15 22:29 | フクちゃんといっしょ

お蔵入り写真 その1

e0369112_19085134.jpg

フクちゃん、こちらは10月とは思えないほど暑い日が続いていますが、朝晩は秋らしくなってきました。
フクちゃんのところにも秋が来ていますか[E:maple]

フクちゃんの写真をたーくさんパソコンに保存していますが、ブログに載せるときはつい何度も同じ写真を選んでしまいます。
特別可愛い笑顔だったり、寝顔だったり・・・
ときにはブサイクだったり(フクちゃんゴメンなさい!)、面白いものも選びますが、何となく決まってくるんですよね。

そこで、今まであまり日の目を見なかった写真を選んでみることにしました[E:catface]
いくつかのパターンに分かれるので、それごとに載せてみます。
 

[E:dog]お蔵入りパターンその1:企画だおれ


e0369112_19085263.jpg

フクちゃんの大好きなオヤツをお皿に盛りつけて「フクちゃん御膳」!
さぁフクちゃんが喜ぶ可愛い顔を撮ろう!・・・という飼い主バカすぎる企画をしたのですが、フクちゃんが興奮して動きまわり、結局どの写真もブレブレで、残念ながらお蔵入りとなりました。


e0369112_19085295.jpg

フクちゃんがお祭りのだんじりを楽しむ様子を撮ろうとしたのですが、フクちゃんは人混みが苦手なので、明らかに迷惑そうな顔の写真となり、お蔵入りとなりました。


e0369112_19085292.jpg












寝ているフクちゃんの顔に母のサングラスをかけてみたのですが、もう一枚のサングラス写真のインパクトが強すぎたため、こちらはお蔵入りとなりました。


e0369112_19085238.jpg


dogお蔵入りパターンその2:小さすぎる


e0369112_19085239.jpg












歩いてくるフクちゃんを撮っているのですが、これはさすがに小さすぎて、写真を加工してもまだ小さくて、お蔵入りとなりました。
(それでももちろんパソコンからは削除しませーん)


dogお蔵入りパターンその3:逆光すぎる


e0369112_19085302.jpg

逆光の美しさをとらえてみたのですが、肝心のフクちゃんが暗すぎて残念ながらお蔵入りとなりました。

こうして選んでみると面白いなぁ。
まだまだありそうなので、また次回も載せようと思います[E:delicious]



[E:clover]


少し前のことですが、フクちゃんが一番大好きだったゴンちゃんが19歳で天国へ旅立ちました。
母が連絡をもらって、最後のお別れを言ってきたそうです。

ゴンちゃんは川原で会うわんこのみんなからも本当に人気があって、人にも犬にも愛される、優しいわんこです。

去年の10月に久しぶりにフクちゃんとのさんぽみちを歩いたとき、偶然ゴンちゃんに会うことができました。
優しい顔と、ふわふわのさわりごこちと、ゆっくりゆっくりと歩いていく後ろ姿を、今も覚えています。

ありがとう、ゴンちゃん。
天国でフクちゃんと遊んであげてね。


e0369112_19085385.jpg


[PR]
by fukunosukeno | 2013-10-14 13:58 | フクちゃんといっしょ

(お食事中の方、失礼いたします)
フクちゃんは、おしっこやうんちを散歩のときに外でします。
今まで数回廊下におしっこをかけてたことがあるくらいで、うんちは家の中でしたことがありませんでした。

少し前の話なのですが、ある休日、母と夕方から外出することなり、母がフクちゃんを近所まで散歩に連れていってから出かけました。

夜に帰宅すると、父はまだ外出先から戻っておらず、一人でお留守番していたフクちゃんが玄関で出迎えてくれました。
お手洗いから出てきた私は、足もとに置かれたマットのはじっこにある茶色いモノに気づきました。
「ん??」
こんもりとしたそれは、最初暗くてよく分からなかったのですが、よく見るとなんと「うんち」でした。

「おかーさん、うんちが!フクちゃん、うんちしてる!!」
「え~!!」

今まで何度も、もっと長時間留守番したこともあるフクちゃんですが、家の中ではうんちをしたことがありませんでした。
今回はよっぽど我慢できなかったんだろうなぁ・・・

きっと私たちが留守の間にうんちがしたくなって
「どうしよう、どうしよう!早く帰ってこないかなぁ・・・」ってうろうろ家の中を歩き回ってたんだろうな。
そしてどうしようもなくなったとき
「そうだ!あそこならいいかも!」と思いついて、「お手洗い」のそばで用を足したんだろうな・・・
(中に入ってするわけにもいかないもんね)

フクちゃんは、そこが人間の「お手洗い」だってことも、ちゃんと知ってたんだなぁ。賢いなぁ。
モノがのったマットは古かったので、くるくるまとめて捨てるだけで、後片付けも簡単でした。

「フクちゃん、ごめんね~!!えらかったね!!」
母と私は、フクちゃんを思いっきりほめました。
フクちゃんはしっぽをぴろぴろ振って嬉しそうでした[E:smile]

わんこが年をとっていくことを考えると、家の中でも用を足すことができるようにしていくほうがいいそうです。
だけど、大好きな散歩に、できるだけ長く行けるといいな。
と、飼い主はいろいろ思ったり、願ったりするのです。
e0369112_19070909.jpg

[PR]
by fukunosukeno | 2008-06-29 19:51 | フクちゃんといっしょ

フクちゃんと少年と

土曜日、ちょっときゅんとするようなできごとがありました。

いつものようにフクちゃんと川に散歩に行きました。
かなり蒸し暑かったので、フクちゃんは二度も川にはいり、泳ぐでもなく、ぽちゃーんとお風呂のようにつかってました。
そのあとはシロツメクサの花がきれいな原っぱに横になり、ぬれてどろんこの体を乾かしてました。
e0369112_19070861.jpg



さて、フクちゃんの気が済むまで、1時間以上川原で遊んだあとの帰り道のこと。
家が建つのか田んぼが埋め立てられた場所で、小学1年生くらいの子供たちが遊んでいました。フクちゃんは新しい土のにおいが気になるようで、そちらへ近づいていきました。
子供たちは最初離れたところからじぃ~っとフクちゃんを見ていましたが、犬好きな子が多かったようで、私とフクちゃんの様子をちらちらとうかがい、怖くなさそうだと思ったようで、嬉しそうにそばにやってきました。

子供たちは、スナック菓子を手に持っていました。フクちゃんが鼻をくんくんすると、一人の男の子がお菓子を手に取り、フクちゃんの口のほうにほうりなげました。ぱくぱくと食べたフクちゃんを見て「おー食べた食べた!」とみんな嬉しそうです。(お菓子はよくないのですが、あまりに子供たちが嬉しそうなので少しはいいかなとそのままにしていました)

フクちゃんに「お手」や「お座り」をさせたりすると、みんな「おお~すげぇ、すげぇ!」といちいち大げさに喜びます。最初はこわごわだったのに、あっという間に慣れてみんな普通にフクちゃんにさわっています。フクノスケはというと、嫌がるでもなく、かといって愛想を振りまくでもなく、素知らぬ顔でその場に伏せをしていました。
子供たちは、ポケモンの中で一番強いキャラクターのことや、実習で来ていた若い女の先生が帰ってしまったこと、犬を飼いたいのに家が狭くて飼えないこととか、いろいろ話してくれました。

子供たちはフクちゃんにおやつをあげたくて仕方がないし、私にいろいろ話を聞いてほしくて仕方がないようでした。
私がおやつ食べ過ぎたら晩ご飯食べられへんで、と言うと「僕はおやつもご飯もどっちもいっぱい食べれるで!でもなぁ、世の中には食べられへん人もいっぱいおんねんで」なんてことを教えてくれたりしました。

しばらくしてフクちゃんが立ち上がって歩き出しました。すると三人の男の子が「送っていくわ!」とついてきました。歩きながらも、男の子はずっとしゃべり続けています。
「僕の家はここずっとまっすぐいってな、やまおかくんの家を曲がったとこやで」
「僕な、クラスの子ともうほとんど友達やで」
「僕、犬も猫も鳥も、ペットはみんな好き。虫も好きやし。だってなぁ、嫌いって言ったらかわいそうやろ」

ここでいいよと言っても、「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言ってついてきます。話を聞いてみると、二人は小学校1年生で、一人はまだ幼稚園にも行ってない男の子でした。途中で1年生の子が一人、心細くなったようで帰りましたが、あとの二人はとうとう家まで送ってくれました。
帰り道が分からないといけないので、寂しくなったのか急に大人しくなった子供たちと一緒に、来た道を途中まで戻りました。
「もうフクちゃんの家わかったから、また来るわな」
1年生の男の子はそう言って、友達のいる場所に走っていきました。

フクちゃんをきっかけに、こういう風に子供と仲良しになることがたまにあります。相手をするのが大変なときもあるけど、なかなか楽しいです。

話を聞いてもらいたくて仕方がなくて、一緒に遊んでほしくて仕方がなくて、強がってるけど心細くて仕方がない。
そんな子供たちが、大人たちに話したいことを話せて、安心して遊びたいだけ遊べる、世の中であってほしいなぁ。

またいつでもフクちゃんに会いにおいで~[E:club]
[PR]
by fukunosukeno | 2008-06-15 23:41 | フクちゃんといっしょ

手作り市

e0369112_19070583.jpg


5月24日(土)の手作り市、と~っても楽しい時間でした[E:club]

今回は会社のお友達と一緒に4人で参加。お友達は珍しい白サンゴなどのアクセサリー、絵の具で描いたポストカード、フエルトの小物、そして私はいつもと同じフクちゃんのポストカード、しおり、紙粘土のフクちゃん(母作)を出展しました。
お客さんと対面するのは初めてだったけど、とっても気楽に、私もほとんどお客さん気分でくつろいでました[E:smile]

会場のアイリスカフェさんは、木の温もりを感じる本当に素敵なカフェで、オーナーさんをはじめ、そこに集まる作家さんやお客さんもあったかい素敵な方ばかりで、いろいろおしゃべりしたり、和やかムードで楽しかったな。去年会社を退職した友達も、夫婦で見に来てくれました。ありがとう♪

しっかりお店番している小学生くらいの女の子もいて、私がシュシュを見てると「似合いますよ!」なんてすすめられてしまったり[E:smile]ギターの体験講座もやっていて、生演奏の音が流れて・・・うとうと眠ってしまいそうでした。

カフェも大繁盛で、いつもお手伝いしてる友達はめちゃくちゃ忙しそうで。
素敵なイベントに誘ってくれて、ありがとうね。

そして、フクちゃんグッズを買ってくださった方、ありがとうございました。売り上げ金は、捨て犬保護活動の支援として寄付させていただきます。(また後日改めてご報告しますね)

---------------------------------------------------
さて、当のフクちゃんの週末はと言いますと。
日曜日、前日の夜のすごい雨で川が増水!
ものすごい勢いの濁流ですが、フクちゃんは特に驚く様子もなく、むしろ普通に川べりに近寄ったりしていきます。
ちょっと危なっかしいのですが、動きがのんびりしてるので大丈夫なんですけどね。
ホントにフクちゃんはおっとりしてます。
e0369112_19070685.jpg



[PR]
by fukunosukeno | 2008-05-26 23:04 | フクちゃんといっしょ

優しいかお

きのう、久しぶりにフクちゃんとゆ~っくり散歩に行きました。
草の緑やシロツメクサの花がとてもきれいでした。
春は写真の枚数がさらに増えます。

お気に入りの一枚[E:club]
e0369112_19070481.jpg




フクちゃんは目がはっきりしているので、くっきり男前な写真はよく撮れるのですが、
なんだかとっても優しいかお・・・
ふふふ、可愛い~[E:heart](飼い主バカで、すみません!)

目線の先にあるのは「さつまいもジャーキー」です[E:smile]

-----------------------------------------------
最近、趣味で心理学やカウンセリングの勉強をしています。
自分の心をちゃんと知ろう、というところからスタートしています。
いつもリラックス。平和で幸せ。まわりも幸せになる。
そんな存在のフクちゃんは、私の師匠でもあります[E:smile]
[PR]
by fukunosukeno | 2008-05-12 22:52 | フクちゃんといっしょ

おとといのこと。

父との散歩から帰ってきたフクちゃんは、川に入ったので足を洗ってタオルで拭いてもらってから家に入りました。ところが・・・
e0369112_19070319.jpg



前の日に敷いたばかりのカーペットにしみが~!
どうやら拭きが足りなかったようです・・・
あわててフクちゃんを玄関に追いやり、もう一度拭き拭き。
カーペットは取り外して洗濯機へ直行・・・

本人はそんな騒動などどこ吹く風で、ぽかぽかひなたぼっこ。
e0369112_19070364.jpg



暑くなったら板の間で涼んで。
e0369112_19070459.jpg


これをな~んども繰り返しておりました。
フクちゃんは一年中、ゴールデンウィークです[E:club]
[PR]
by fukunosukeno | 2008-05-05 15:13 | フクちゃんといっしょ

天敵?それとも

また少し更新が遅くなってしまいました。
フクちゃんはますます絶好調で、一日に4回も散歩に行くぐらい元気ですのでご心配なく[E:smile]

さて、フクちゃんには同じ屋根の下で暮らす天敵がいます。
その名は「ちゅっちゅ」。

うちの家にはねずみがいて、天井をどたばた走ったり、戸棚の奥でコトコト音をたてたり、時には部屋をさっと横切ったりすることもあります。(小さいころからそうなので普通だと思ってたのですが、近頃の家ではねずみなんてめったにいないそうですね)

そうです。
フクちゃんの天敵「ちゅっちゅ」とはねずみのことです。

居間でガムを噛んでるときでも、ご飯を食べているときでも、ソファでぼーっとしてるときでも、誰かが「フクちゃん、ちゅっちゅは!?」と言ったとたん・・・

e0369112_19070290.jpg


さっと顔を上げ

e0369112_19070374.jpg


うろうろと部屋を歩き回ったり

e0369112_19070309.jpg


天井に向かって吠えたりします。

e0369112_19070383.jpg


そして、机の下にもぐったり、廊下の隅のほうのニオイを一生懸命嗅いだりします。
きっと前にこのあたりで「ちゅっちゅ」を見たことがあって、またここにいるんじゃないかと探してるんでしょうね。

フクちゃんの頭の中で「ちゅっちゅ」=「ねずみ」だとしっかりインプットされてて、その言葉を聞いただけで、一生懸命見つけようとするフクちゃん。

なんでそこまで執着するのやら。ホントにフクノスケは面白いやつです[E:smile]
[PR]
by fukunosukeno | 2008-04-27 22:41 | フクちゃんといっしょ

私たちがご飯を食べていると、テーブルの下にもぐりこんだフクノスケがいろいろな作戦でおねだり攻撃をしかけてきます。

e0369112_19070127.jpg


あのね、僕もほしいなぁ[E:shine](瞳をうるうるさせてみる)

e0369112_19070189.jpg


じー・・・・・(切ない顔で見つめてみる)

e0369112_19070120.jpg


ちょっとぐらいくれたっていいだろうよ。(キレてみる)

e0369112_19070275.jpg


よし、こうなったら・・・

e0369112_19070257.jpg


実力行使っ!


最初の「切ない顔」をされた時点で、大体私たちが負けてしまうんですけどね[E:sweat01]

e0369112_19070267.jpg


ちょろい、ちょろい(byフクノスケ[E:dog])
[PR]
by fukunosukeno | 2008-04-13 21:40 | フクちゃんといっしょ