素朴なギモン

e0369112_19053239.jpg

こんばんは。フクノスケです[E:dog]

素朴なギモン。

僕の仲間の犬や猫たちが、たくさん捨てられて保健所で殺されてるんやって。なのにペットショップやインターネットなんかで、今日もたくさんの子犬や子猫が売られてるんやって。

なんでやろ??

捨てるんやったら飼わへんかったらええやん。
飼いたいんやったら、買うんじゃなくて、保護されてる犬や猫を引き取ることを先に考えてもいいんちゃうかな。

僕の仲間が知らないところでたくさん殺されてる。
せやのにテレビや雑誌を見たら僕みたいな幸せな犬や猫ばっかり出てる。

なんかヘンやと思うのは僕だけ??

[PR]
by fukunosukeno | 2005-04-24 22:13 | フクノスケぶろぐ

e0369112_19053263.jpg

こんばんは。春ですね!
フクノスケです[E:dog]

この前、川原を散歩してたら、とってもいいニオイがしてきてん。「くんくんっ」鼻をならしていると、「フクちゃ~ん」と僕を呼ぶ声が!よく見るとそれは妹のアイコ夫婦で、友達と一緒にバーベキューしててん。

これは好都合♪ということで、僕はさっそくアイコの「おっと」のハヤシくんにおねだりを開始。酔っ払ってるハヤシくんは鶏肉の焼いたんやら、アジの焼いたんやらを大盤振る舞いしてくれた。あんなにご馳走を食べるのは久しぶりやったなぁ~[E:heart]

「も~!やりすぎやって[E:annoy]」
妹のアイコと姉のカヲルがなんか怒ってるけど、気にしない、気にしな~い♪

アウトドアって最高やなぁ

[PR]
by fukunosukeno | 2005-04-20 22:22 | フクノスケぶろぐ

今日のウツボ公園

e0369112_19053244.jpg

チューリップが満開です!可愛い♪
今日もぽかぽか陽気で、ひなたぼっこしてるサラリーマンやOLでいっぱいでした(^^)


[PR]
by fukunosukeno | 2005-04-18 20:16

e0369112_19053103.jpg

[E:snow]vol.1からの続きです(遅くなりました!)

「友達、できるかなぁ」
どちらかというと社交的な方ではない私。北海道に行く決心をしたものの、やっぱりそれが一番大きな不安だった。
ところが幸いなことに、管理人のおじさん、おばさんの部屋にいることが多くなった私は、そこで顔を合わせる同じ寮に住む女の子や男の子と自然に仲良くなることができた。

寮にはいろんな人がいた。ずっと社員としてそこで働いてる人もいたが、私のようにバイトで来ている人がほとんどだった。10代後半のギャルから、結構なお年のオジサマまで、年齢もさまざま、目的もこれまでの経歴もさまざま。ボードがうまくなりたくて冬山にこもりに来た男の子、冬は北海道・夏は沖縄で年中リゾートバイトしているカップル、東京や大阪から来ている子も多かった。私のように会社を辞めて来てる子も結構いた。

友達ができると、一気に毎日が楽しくて仕方がないものなった。毎朝友達の部屋をノックして一緒に出勤したり、誰かの部屋にみんなで集まって夜遅くまでおしゃべりしたり、スキーやボードをしたり[E:shine]

見知らぬ遠い土地で暮らす寂しさと期待とドキドキ感。
リゾートバイトを経験した人なら解ると思う。
あの独特の雰囲気と連帯感!!
すっぽりと雪に閉ざされた特別な場所と時間と仲間。
人生とか恋とか、よく自然に語り合ったりもしたなぁ。
思い出すと、今でもワクワクしてしまう[E:heart]


そして・・・
真っ白な雪がだんだん粗目の砂糖のようになって溶けていくころ。
「冬が終わってしまったね」
夢から覚めるように、みんなそれぞれの日常生活の場所へ帰って行った。華やかだったリゾートホテルも、がらんとしてまるで廃墟みたいだった。

私はたくさん泣いた。このまま北海道に住もうかとも思うくらい離れたくなかった。全国各地に帰っていく友達ともなかなか会えなくなるのが辛かったし、お世話になった寮のおじさんやおばさんと離れるのも本当に悲しかった。
それでも、私は大阪に帰ることにした。生まれてからずっと暮らしている場所から本格的に離れる勇気がなかったし、やっぱり家が恋しくなったからかなぁと思う。

その後の私を考えると、特別何か劇的に変わったわけでもない。(約10キロ増えていた体重はあっという間に元に戻ったけど)また大阪で普通にOLとして働き、ごく普通に楽しいことがあったり、悩んだりしている。
でも、約半年間のこの「時間」は、今も心の片隅で私の「支え」となっているように思う。夢のようにキラキラした時間と仲間、そしてそこに自分がいて本当に良かったと思う。

もし、北海道に行かずにそのまま大企業で働いていたなら、マンションでも買って、もっと親孝行できていたかもしれない。そう考えると、自由なことをさせてくれた両親には本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。

どれが正解だったんだろう?なんて今の私も分からないし、これからも何が正解だなんて分からない。
振り返ってみると、北海道に行く前より、その後の自分の方がほんの少し、「今」を楽しむことができているように思う。20代より30代になってからの方が楽しいしなぁ。そんな感じなので、そこそこ良かったんじゃないなぁと思っています[E:smile]

[PR]
by fukunosukeno | 2005-04-17 23:59

e0369112_19053168.jpg

とびきり上質なのに、ココロからくつろげる。そんな至福のひととき。

ノラ・ジョーンズのコンサートに行ってきました。(4月12日(火)厚生年金会館大ホール)

ノラが最初に歌ったのは「Turn Me On」
私がだ~い好きな曲!ヤラレタ!!いきなり涙が出そうになった。

私は毎晩寝る前に彼女のCDを聞いている。どんなにイヤなことがあった日でも、彼女の声を聞くとすぅ~っと眠りにつけてしまう。
そのノラが、目の前に彼女がいて、歌い、ピアノをひいている!夢を見てるような気分だった。

ハンサムバンドのおじさんたちの演奏もすごくかっこよかった。みんなとってもくつろいで楽しんでいる感じが伝わって、ノラもとっても楽しそうだった。

その日のノラは、胸元のあいた黒のノースリーブにオレンジやグリーンのマルチストライプのフレアスカートを着ていて、ものすご~く可愛かった!思ってたより大人っぽくて、かっこよくて、瞳がきれいで、やっぱりすごい存在感。なのに何故かとても身近に感じる。不思議な魅力があるんだなぁ。

「Feels like home」
彼女の声や演奏に聞き惚れながら、眠くなるような心地よさに包まれる・・・ああ、もっとずっと聴いていたい。できればこのままここで眠りたい・・・[E:shine]そんなとびきりステキなコンサートでした。
ますます彼女のファンになりました

[PR]
by fukunosukeno | 2005-04-16 16:19

爆睡…

e0369112_19053174.jpg

フクちゃんたら(^^)
めっちゃ気持ち良さそうに寝る天才やなぁ。


[PR]
by fukunosukeno | 2005-04-14 22:44 | フクちゃんといっしょ

ノラ・ジョーンズ♪

e0369112_19053053.jpg

ノラ・ジョーンズのコンサートに来ています。間もなく始まります!ドキドキ♪♪


[PR]
by fukunosukeno | 2005-04-12 19:02

さくら・サクラ

e0369112_19053059.jpg

「さくら」という花はどうしてこんなに気持ちをソワソワさせるんだろう。

「早く見に行かなくちゃ」
「ちゃんと見とかなくちゃ」

そんな思いで、週末は都会と田舎のさくらを満喫しました。

同じさくらでも、周りの風景でこんなに違って見える。
さくらってやっぱり特別な花だなぁ。


都会:大阪城公園のさくら
田舎:葛城山麓公園のさくら


[PR]
by fukunosukeno | 2005-04-11 22:24

ぼっくすてん無事終了♪

e0369112_19053004.jpg

手作りぼっくすてんは本日無事終了しました
見に来ていただいたみなさん、本当にありがとうございました[E:club]

今回は見てくださった方が何かメッセージを残してくださると嬉しいなと思ってカードを置いてみました。
知り合いの方が「来ましたよ~!」とメッセージを残してくださるのもとっても嬉しいし、まだお会いしていない方が「またホームページも見ますね」「ホームページいつも見てますよ」というようなメッセージを書いてくださっていたのもこれまたとても嬉しかったです[E:shine]

本来面倒くさがりで何をするにも腰の重い私が、こうしてイベントに参加して、たくさんの「楽しい[E:heart]」を感じることができたのは、協力してくれた家族、そしてフクちゃんのおかげです[E:smile]

たくさんのひととわんこに感謝[E:club][E:club]

[PR]
by fukunosukeno | 2005-04-10 22:24

お花見ランチ

e0369112_19052962.jpg

お花見しながら、ウツボ公園でお弁当♪
ポカポカして気持ちいいなぁ~!会社に戻りたくなくなります(^_^)


[PR]
by fukunosukeno | 2005-04-08 13:13