e0369112_19054903.jpg


近頃何かとバタバタしていて、ゆっくりブログを書く時間とココロの余裕がなくて・・・更新が遅れてすみません[E:shock]

フクちゃんは、秋になって元気すぎるくらい元気です
散歩は朝、夕、そしてさらにほぼ毎晩父と、しかも長時間散歩に行っています。食欲ももちろん満点せっかくダイエットに成功したのに、リバウンド疑惑が浮上している今日この頃・・・

私も今日は久しぶりにゆっくりフクちゃんと散歩に行ってきました。
川に入るわ、穴は掘るわで元気全開!!
そんなフクちゃんを見ていると、私も元気になります[E:smile]

フクちゃんには本当にいろんな意味で助けられます。
またゆっくりと、自分の気持ちを整理するようにブログを書く余裕ができるといいな[E:club]
[PR]
by fukunosukeno | 2005-10-30 22:55 | フクちゃんといっしょ

e0369112_19054904.jpg


この時代に毛皮ですか?」というブログを読んで、私も自分なりに一人でも多くの人にそう問いかけたい、と感じてこの文章を書きました。

今年も服やさんにはファーがいっぱい並んでます。可愛くて、ゴージャスで、意外と手ごろな値段で買えるので、女性に大人気です。
たとえば、ミッフィー大好きな女の子がラビットファーのベストを買うとき、後ろめたさを感じたりするのかな

世の中の流行は少しずつ「優しい方向」へ向かおうとしています。(胡散臭いところもあるけど)今年の流行語でもあるLOHAS的生活が今後の主流になりそうなときに、流行に敏感なハズの女性たちの間でファーがこんなにもてはやされているのはどうしてなんだろう。

ここで、できれば見ていただきたい映像があります。
中国毛皮養殖場の内側

すべての「ファー」にされる動物がこんな風に生きたまま毛皮を剥がされているかどうかは分からないし、思いたくないけど、多分似たような状況だと思います。
もし、この映像を見ても「私はそれでも毛皮が好きだから着ます」という女性がいたら、それは個人の主張なので仕方がありません。でも、ほとんどの女性は現実を知らずに、考えずに、ただ可愛いからファーを身に着けて、そして飽きたら着なくなります。これではあまりにも動物たちが可哀想すぎます。

「ファー」がこれだけ安い値段で流通してるのも問題だと思います。ホワイトバンドの流行もあってフェアトレードが注目されています。もし、中国の毛皮養殖場で働く人がもう少し高い賃金を得て生活レベルが上がったら、こんな悲惨な現場も少なくなるでしょう。ファーの値段がとびきり高くなっても、それが本来の値段だし、そうなったらみんな安いフェイクファーを選ぶようになります。そうするとファーになるために養殖される動物も減ります。


知ったようなことをいっぱい書きましたが、私自身もまだまだ環境や動物に優しくないところがたくさんあります。
「ファーを買わない、身に着けない」ことはほんの小さなことでしかないですが、今後もずっと、自分のスタイルのひとつとして大事にしようと思います。
[PR]
by fukunosukeno | 2005-10-15 21:26

あったかくして寝ましょ

e0369112_19054816.jpg


フクちゃんが母の布団にもぐって寝るようになりました。
(写真はソファカバーにもぐって寝ているところですが)
昼間はまだまだ暑くても、秋はどんどん深まっているんですね。
私は季節の移り変わりについて行けず、風邪を引きかけているのか、ここのところ体調がいまいちです[E:shock]
みなさんも、わんちゃんもあったかくして寝てくださいね[E:moon3]
[PR]
by fukunosukeno | 2005-10-09 23:15 | フクちゃんといっしょ

e0369112_19054870.jpg


彼らと広大な海で泳いだこと。
それはもう二度とやって来ないかもしれない瞬間。
人生のあらゆる瞬間につなげたいと願う、かけがえのない瞬間。
なにも当たり前と思うことなく...

ブルース・ウェバー


雑誌「SPUR」に載っていた紹介記事を見てから、
とても気になってる映画「トゥルーへの手紙」
そのIntroductionとして引用されている言葉です。

カルバン・クラインの広告などで世界的に有名な写真家で、大の犬好きとしても知られているブルース・ウェバー。その彼が愛犬トゥルーに宛てた手紙を読むという形で進むドキュメンタリー・エッセイ。
背景には彼が間近で経験したあの9.11のテロがあって、戦争、そして人間の恐ろしさと、純真で無垢なペットの心を対比し、そして人も犬のように平和に生きれたらいいのに、というメッセージがこめられているそうです。
わんこが大好きな人なら、誰もが感じる「願い」ですね。

是非、観に行きたい映画です。

>>公式サイトもとってもステキです[E:club]
[PR]
by fukunosukeno | 2005-10-03 23:00