e0369112_19062624.jpg


[E:dog]状況
もうたっぷり食べたのにまだ「オヤツをくれ~」としつこく鳴くフクちゃんに、私が
「フクちゃん、なんでも自分の思うとおりにいくと思ったらあかんよ。人生はそんなにあまないで」と言い聞かせたら、あきらめたように素直にソファに座りに行ったフクちゃん。


e0369112_19062762.jpg


[E:dog]状況
その後すねたように寝ていたが、父が食事をし始めたので、
「あ、お父さんならご飯のおこぼれをくれるかも」とちょっと期待しているフクちゃん。


フクちゃんはフクちゃんなりに、毎日いろんなことを考えながら過ごしています[E:smile]
[PR]
by fukunosukeno | 2007-03-31 22:33 | 今日のフクちゃん

フクちゃんと歩く風景

e0369112_19062688.jpg

今日は少し久しぶりにフクちゃんと散歩に行きました。

川原に着いて、人がいないときはフクちゃんを放します。両手が自由になると、カバンからごそごそとデジカメを取り出して、気が向くままにパチリパチリと撮ります。

フクちゃんと歩いていると、ふと見上げた空がびっくりするくらいきれいだったり、そのへんの草や木の緑がすごく鮮やかに見えたりします。今日は雨上がりだったので、特に緑がきれいでした。春になると写真の枚数が増えます。

犬と散歩するから出逢える風景ってありますよね。いつもより優しい気持ちで歩くから、フツウの景色も余計にきれいに見えるんでしょうね[E:club]

[PR]
by fukunosukeno | 2007-03-25 21:25 | フクちゃんといっしょ

e0369112_19062643.jpg

フクちゃん、あのぅ

もう、春ですよ。


まだコタツですか。


[PR]
by fukunosukeno | 2007-03-24 23:30 | 今日のフクちゃん

フクちゃん、あのぅ

e0369112_19062685.jpg

フクちゃん、あのぅ、
新聞を読みたいんですけど・・・

[PR]
by fukunosukeno | 2007-03-22 19:35 | 今日のフクちゃん

がぜん「犬派」の私ですが、最近あるにゃんこにときめいてしまいました[E:heart]ふと手に取った「天然生活」という雑誌に載っていた「まこちゃん」。犬や猫はどの子も大好きだけれど、こういう何ともいえない「味のある」子に、私は特に魅かれてしまいます。

まこちゃんは、ボランティアで保護活動をされている病院にいた猫で、がりがりで目つきが悪くちょっと不思議顔なので、なかなか新しい飼い主さんが見つからなかったそうです。なので、今の飼い主さんが引き取ることを決めたとき、ボランティアの方も大喜びされたそうです。
今ではかなりの人気者のまこちゃん。良かったなぁ。

e0369112_19062554.jpg

その雑誌には他にも、愛護団体からやって来た犬や、捨て猫だった猫たちが載っていました。最近雑誌なんかでこういう記事を見かけることが少しずつ増えてきたような気がします。嬉しいな[E:club]

フクちゃんも「味のある犬ですね」とか「人間みたいですね」とよく言われます[E:smile]うん、やっぱりなんといってもフクちゃんが一番可愛いのです。(最後は結局飼い主バカですみません・・・)

[PR]
by fukunosukeno | 2007-03-18 23:45 | フクちゃんといっしょ

e0369112_19062584.jpg

こんばんは。フクノスケです[E:dog]
僕のホームページ「フクノスケノココロ」の「ココロ村」に、新しい住民が増えました。仔犬のころ保健所にいたチョコくんというわんこです。

僕も小さい頃は苦労したけれど、チョコくんも仔犬のころはいろいろ辛いことがあったんやろなぁ。今では優しい家族にかこまれて、幸せいっぱいに暮らしているそうな。こういう仲間の話を聞くと、めっちゃ嬉しくなる。飼い主のカヲルも、そうみたいです。

こんなに嬉しいことがあったし、たくさんお散歩もしたし!
今日もいい一日やったなぁ~[E:club]

----------------------------------------------

帰る家のない仲間がまだまだたくさんいます。
犬や猫を飼いたいと思われている方、是非こちらのページを
ご覧ください。
→[E:dog][E:cat]いつでも里親募集中

[PR]
by fukunosukeno | 2007-03-11 22:30 | フクノスケぶろぐ

だぶついております

e0369112_19062537.jpg

こちらにオシリを向けて寝そべっているフクちゃん。

よく見ると足のところにもだぶつきが・・・[E:shock]


[PR]
by fukunosukeno | 2007-03-11 21:14 | フクちゃんといっしょ

e0369112_19062436.jpg



私がなかなかブログに書くことができないこと。
それは、フクちゃんの「老い」についてです。

イヌダスさんのブログで、愛犬伊三次くんの老いのことを書かれた記事を読んで、とっても切ない気持ちになりました。イヌダスさんは捨て犬保護と飼主募集活動をされていて、いつも我が子に優しく語りかけるようにわんこへの思いを綴られています。

フクちゃんは推定年齢12歳、人間でいうと64歳。もうシニア犬なんですよね。今のところ幸いなことに、「フクちゃんって本当にシニア犬なん?」って思うくらい、毛もピカピカだし、固いガムも平気で噛むし、はしゃいで家中走り回っているときなんてまるで子犬のようです。けれど、去年の秋頃から時々後ろ足に震えがおこるようになりました。ごくたまにですが階段を踏み外すこともあります。

「心は通じ合っているのに、どんどん先を歩いていく」
そう、イヌダスさんが書かれているように、犬は人間の6倍のスピードで生きています。フクちゃんは父の年齢も追い越していこうとしています。フクちゃんが歳をとっていく・・・そのことが頭をよぎると、いつも思考が停止します。その先を考えたくないからです。

でも、少しずつでも受け入れていかないと。今は考えるだけで3秒で号泣してしまうけど、辛いことも受け入れてゆくこと、それもきっと家族ということだから・・・

e0369112_19062498.jpg

散歩中に前を歩いていくフクちゃんの後姿を見ながら。コタツで爆睡しているフクちゃんの寝顔を見ながら。たまには、そんなことも考えたりします。

だけど、フクちゃん、できるだけ、ゆっくり、ゆっくり、いっしょに歩こうよ。大事に大事にするから。フクちゃんのダイエットももっとちゃんと考えるから。最近忙しくて母任せになってる散歩も行くから。ね、フクちゃん[E:club]

[PR]
by fukunosukeno | 2007-03-06 22:30 | フクちゃんといっしょ