私は忘れっぽい。
特に人から「してもらったこと」はすぐ、忘れてしまう。

なのに、自分が「したこと」はわりと覚えている。
それはいつの間にか「してあげたこと」になって、
そして「どうしてこんなにしてあげてるのに」になる。


このあいだ、そのことに突然気がついた。
「してもらったこと」を、いっぱい思い出した。
自分がちょっと恥ずかしくなった。
そして、目の前がぱぁっと明るくなった。


私は、きっとまた忘れてしまう。
けれど、せめて思い出すことができるように。

写真を撮ったり、ブログを書いたり。
そんなことが好きなのは、きっと、そのためでもあるんだなぁ。
e0369112_19064264.jpg

[PR]
by fukunosukeno | 2007-09-29 23:28

e0369112_19064279.jpg

台所、廊下、寝室。
我が家では、フクちゃんがどこにいてもすぐに水が飲めるように、いろんな所に水の入った器を置いています。

それなのに、フクちゃんはわざわざ裏庭に行き、水草の入った器の水を飲んでいることがよくあります。
太陽をいっぱい浴びて、生き生きと水草が育っている水は、やっぱりおいしいのでしょうか。

フクちゃんはそもそもグルメというか贅沢で、クッキーも微妙な味の違いで好きなものとあまり食べないものがあります。

今時のおやじ犬は、どうやら水にもこだわるようです[E:dog]


いつも読んでくださってありがとうございます[E:club]
フクちゃんのHP「フクノスケノココロ」もよろしくお願いいたします。


[PR]
by fukunosukeno | 2007-09-23 12:21 | フクちゃんといっしょ

テレビでこのCMを見たとき、
「めっちゃ可愛いなぁ」と思いました。

小雪さんが真っ白な犬を抱いている、あのテレビのCMです。

「このわんちゃん飼いたい!」
たくさんの人がそう思うんだろうな。
(実際問い合わせとかすごいらしいです)

調べてみると、チワワとダックスをかけあわせた「チワックス」だそうです。
最近雑誌やテレビで見てすごく嫌だなと思っていたのですが、いろんな種類の犬を交配させた「ミックス犬」が流行っているみたいで・・・

流行の犬というと、一時期ものすごくよく見かけたミニチュアダックスのわんちゃんですが、最近見る機会が減ったように思います。代わりによく見るのは、チワワやトイプードルです。そして、今度はミックス犬なんでしょうね。
犬は10年以上生活をともにする家族です。こんなに早いサイクルでよく見る犬の種類が変わるのはなぜでしょうか。(もちろん最後まで一緒に暮らす飼い主さんがほとんどですが・・・)

「次はこの犬とこの犬を交配してみよう」なんてことが繰り返されているんだろうな。無理な交配で病気になったり、障害をもって産まれたり、「お金にならない」子(嫌な言い方ですがあえて・・・)はどうなっているんだろうな。

■平成17年度に全国の保健所等で「殺処分」された数
犬:132,238頭
猫:231,697頭

地球生物会議ALIVEのホームページより転載させていただきました

こんなにたくさんの(もしかしたら把握されていないもっともっと多い数の)犬や猫の命が「不要」とされていること、ここからすべてを考えてみませんか。
大きな犬、小さな犬、身ごもった母犬、老いた犬、一頭一頭を一瞬でも想像してみませんか。一方で当たり前のようにたくさんの子犬が産まれて、売り買いされていることについて、考えてみませんか。
犬が大好きで、ほんの少し今の日本の犬たちの悲しい面も知るようになって、こう思うようになりました。

「海外旅行に行くのでペットホテルに預けようと思ったら値段が高いからもういらない」と、飼っていた犬を保健所に持ってきた人がいたそうです。そんな風にペットをモノのようにしか思わない人もいる世の中なので、CMを作る側ももっともっと慎重になってほしいです。このCMの企業のステレオを十年以上愛用しているのですごく残念ですが、いつかテレビを買うなら別のところのものを買おうと思います。

少しずつ、優しいほうへ、エコでロハスなほうへ向かっているはずの社会ですが、表面だけで終わってほしくないです。
犬が出ているCMやドラマや映画はやっぱり目がいってしまうし私も大好きですが、どうかもっと犬たちが本当に幸せになるようなメッセージを発信するものであってほしいです。


[E:club]買う人より譲り受ける人の方がはるかに素敵。そう思ってる人も結構います。
いつでも里親募集中
[PR]
by fukunosukeno | 2007-09-17 21:11

e0369112_19064146.jpg



久しぶりに、ホームページ「フクノスケノココロ」を更新しました。
「写真と映像」のページに「離さないっ!」という題名の動画を追加しています。何を「離さないっ!」のかはお楽しみに・・・途中のフクちゃんの瞳の動きにも注目してくださいね。
トップページの写真も変えました。

フクちゃんは12、3歳くらいなのですが、動画を見ていただくとわかるのですが歯は本当に丈夫なようで、小さなガムならあっという間に噛んでしまいます。特に気をつけて手入れをしているわけではないのですが、ありがたいことだなぁと思っています[E:club]

e0369112_19064197.jpg

話は変わりまして、きのうのこと。夕方にフクちゃんの散歩に行くとき、ちょうど母も近くのスーパーに自転車で買い物に出かけました。すると、いつもなら川の方に向かってさっさと歩いていくフクちゃんは母の後を追って走っていきました。

途中で見失ったフクちゃんは駅の方に母を捜しに行ったあと、スーパーの駐輪場で母の自転車を見つけ、そこで母を待ちました。母に似た人を見つけてはしっぽをフリフリして近寄っていったりしていましたが、母はなかなか出てきません。10分くらいしたころ、あきらめてトボトボと家に帰りました。

おやじになっても、いつまでも、甘えん坊のフクちゃんです[E:dog]

[PR]
by fukunosukeno | 2007-09-09 12:12 | フクちゃんといっしょ

e0369112_19064119.jpg

ハンドクリームを使おうと手にとったら、フタに油性ペンでこんな絵が書いてありました。

書いたのはもちろん母です。いつの間に!しかもこんなところに…母の頭の中は、やっぱりフクちゃんでいっぱいのようです(^_^;)


[PR]
by fukunosukeno | 2007-09-07 23:31 | 今日のフクちゃん

e0369112_19064044.jpg

先日の夜、フクちゃんと一緒に近所を散歩していると、いつもなら車でいっぱいの駐車場にブルドーザーが一台だけ止まっていました。その駐車場は土の上に砂利が敷き詰められていたのですが、砂利はすっかり取り除かれ、地面がきれいに均されていました。

「ああ、ここも
アスファルトになってしまうんやなぁ」

フクちゃんは広々としたその場所が珍しいのか、くんくんと土のにおいをかぎながら、うろうろしていました。
昼間の熱気がまだ残っているような蒸し暑い夜でしたが、フクちゃんと一緒に、ぽっかり空いたその小さな土の広場に立っていると、足元から涼しい風が吹いてくるのを感じました。

この夏、日本で一番暑かった大阪。
これだけ「温暖化で大変だ!」と世間が騒いでいても、こうして毎日あちこちの町でどんどん土の地面が消えてなくなっていく。
このひんやりとした土の上に、明日にもどす黒いアスファルトが流し込まれてしまうんだなぁ・・・

その夜フクちゃんは、なぜかしばらくその場所をうろうろして離れようとしませんでした。

[PR]
by fukunosukeno | 2007-09-05 22:35 | フクちゃんといっしょ

e0369112_19064063.jpg

9月になりましたが、大阪はまだまだ蒸し暑い日が続いています…

週末は世界陸上に夢中でフクちゃんのことを書きませんでしたが、フクちゃんは元気にしています!
写真は父のそばにちーんと座って、おやつをねだっているところ。顔が真剣です(^-^)


[PR]
by fukunosukeno | 2007-09-04 12:36 | 今日のフクちゃん

競歩、応援します

大阪で開催の世界陸上も、今日で終わりましたね。
みなさんはきのうの「男子50キロ競歩」観ましたか?
私は、泣いてしまいました。

猛暑の中、こつこつと3時間以上歩き続け、日本人のトップで必死に歩いていた山崎選手。長い長い周回コースもやっと残り一周となったそのとき、係員が誤って競技場へと誘導してしまいました。疲れきっていた山崎選手は「一周足りない」ことに気づかないまま歩き続け、そのままゴールしました。

倒れ込んで担架で運ばれた山崎選手は「何位でしたか?」とスタッフに訊いたそうです。一周足りなかったこと、棄権になったこと、すぐには伝えることができなかったそうです。命がけで歩いた選手の記録が「周回不足で棄権」だなんて・・・

マラソンや短距離に比べると競歩は地味で注目されませんよね。私も正直あまり興味がなかったのですが、きのうの朝はたまたまずっとみていて、山崎選手を応援していました。誤誘導に気づかないまま歩き続け、ゴールで倒れこんだ山崎選手の姿に、もうなんとも言えない気持ちになって涙があふれました。

今回の件は北京オリンピックの選考において考慮されるみたいです。山崎選手にはぜひ北京オリンピックに出てほしいです!
閉会式でも、やっぱりマラソンや短距離の選手ばかりがクローズアップされていましたね。もちろん、マラソンも短距離も、すごく感動しました。けれど、私の中で一番印象的だったのは、きのうの競歩でした。
私は山崎選手、そして競歩にこれからも注目して応援していきますっ

[E:memo]参考ページ
競歩の山崎、誘導ミスでの“途中棄権”
[PR]
by fukunosukeno | 2007-09-02 23:40