人気ブログランキング |

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アタマかくして。

e0369112_19073810.jpg

こんばんは。フクノスケです[E:dog]



こたつにアタマから入ってみました。
「アタマかくしてシリかくさず」のことわざを表現しています。



このネタ、前にもやったことがあるような気がするけど、そんなこと、気にしないのが僕のいいところ。



家族のみんなは「よくアタマがぼーっとならないねぇ」って言うけど、そんなことも気にしないのが僕のいいところ。





[E:clover] ------------------------------------------------



(ここからは飼い主カオルに代わりまして・・・)
水曜日にまぶたのものもらいの手術が無事終わりました。
先生に「こんなに大きくなるまでほっとく人は珍しいわよ」と言われるほどの大きいモノだったのですが・・・
麻酔の注射は少し痛かったけど、歯の治療のときに比べたら大したこともなく、手術中も落ち着いて大丈夫でした。
手術前の待ち時間にヨガの呼吸法をやってたのが良かったのかも♪
外に出るときはもうしばらく眼帯生活だけど、ちゃんと治ったらフクちゃんと元気に散歩に行きたいな[E:clover]


by fukunosukeno | 2009-02-23 00:33

こたつ

ここ数日とてもあたたかいですね[E:tulip]
春の服がほしくなってしまいます・・・



来週はまた寒くなるらしいので、フクちゃんの大好きなこたつも
まだしばらくは居間にあることでしょう。



e0369112_19073785.jpg



良かったね、フクちゃん[E:happy01]










フクちゃん動画のリクエストをいただきましたので、こちらもどうぞ[E:happy01]
(前に載せてたらすみません!最近物忘れがひどく・・・[E:coldsweats01])






[E:clover]−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



この間朝日新聞にこんな記事が載っていました。
犬たちにとって良い方向に、どんどん変わっていってほしいなぁ[E:shine]



「美犬の基準、愛らしさより健康重視に 英団体変更」



(記事より抜粋)
しわくちゃ顔でほおが垂れ、鼻ぺちゃ。こんなブルドッグの姿が変わってしまうかもしれない。

人の好みの純血犬をつくろうと交配を繰り返した結果、犬
の健康に問題が出始めたため、英国の愛犬家団体が犬の審査基準を健康重視に変えた。
人が、数百年にわたってつくってきた純血犬の美の基準が変わりそうだ。



各国のブリーダーや愛犬家はドッグショーで優勝できる犬づくりをめざして交配を計画するため、審査基準が変わると犬のスタイルは徐々に変わることになる。

犬は、近親間や若齢間での交配を繰り返すと、体の末端の萎縮が起こる。
人の好みで、鼻がぺちゃんこになったブルドッグやパグはその代償として呼吸困難気味
で体温調節が苦手だ。
それでもしわやほおのたるみなどの特徴を誇張する交配がつづき、重い障害が問題になってきた。

このためKCは5年前から基準変更の検討をしていた。
新基準では、ブルドッグはほおの垂れ下がりを減らし、少し長めの足、やや細めの体を求めた。
ダックスフントは目などの障害が遺伝的に出やすい白斑の入ったダブルダップルという毛色の犬は認めないとの規定を盛り込んだ。



日本のジャパンケネルクラブ(JKC)で犬の基準を検討する福山英也・ヤマザキ動物看護短大元教授は「人は犬に芸術性も求めており、犬の健康とのかねあいは難しい。しかし、FCIが基準変更に動けばJKCも検討せざるをえない」と話している。



[E:dog]LIVING WITH DOGSにも記事が出ていました。
英国ケネルクラブ(KC)の審査基準の変更 

by fukunosukeno | 2009-02-15 22:00

脱走

このあいだフクちゃんが「わるさ」をしました。
脱走です。



e0369112_19073742.jpg


母が出かけていて、父が早めに帰宅したところ、フクちゃんが外にいて、とことこ歩いて寄ってきたそうです。



←の柵が外に広がっていたので、その下をくぐって、脱走したようです。





e0369112_19073789.jpg

よくこのオナカがつっかえなかったねぇ。



それにしても・・・
母がいなかったので、寂しかったのかな。
もしかして、駅のほうまで行ってたのかな。



もうお年だし、普段はのーんびりしてるのに、脱走するような情熱(?)をまだもってるんだなぁ~!


元気な証拠だなぁ、とは言っても、少し行ったら車が通る道だし、これからは柵を固定しとかなきゃ!



e0369112_19073797.jpg


[E:dog]まだまだ「わるさ」するで!











−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

捨て犬の保護活動をされているボランティアグループ「Red-String」さんと「ley-line」さんが合同で「犬の家族探し会」を開催されます。

場所:枚方市王仁公園 内
(京阪バス枚方市駅南口から長尾行きで、藤阪下車、またはJR藤阪駅下車徒歩5分)
住所: 王仁公園1-1
駐車場無料

日時:平成21年2月22日(日曜)午前11時~午後3時
雨天の場合は、
平成21年3月1日(日曜)午前11時~午後3時

詳しくは↓をご覧くださいね。
e0369112_19073701.jpeg


by fukunosukeno | 2009-02-11 19:39

わんこのチカラ

今通っているヨガの講座で、心と体の健康について勉強しています。
健康診断で「異常なし」でも、その人の心がいつもストレスでいっぱいだとしたら、それは本当の健康だとは言えないですよね。



最近、単に病気を治療するだけじゃなく、その背景にあるもの~心の状態や生活習慣、社会的側面など、その人の全体をみて治す「統合医療」や「ホリスティック医療」という考え方に注目が集まっているそうです。



「日本ホリスティック医学協会」のホームページで、「わんこが人を癒すチカラ」について、医学博士が書かれた素敵なコラムを見つけました[E:dog]
(協会の方の了解をいただいて転載します)
 
[E:clover] --------------------------------------------------------
ドッグ・サイコセラピー 
文・アンドルー・ワイル

わたしはローデシア犬のメスを2匹飼っている。母犬とその娘だ。
犬はわたしの生活の一部であり、犬なしで長期間暮らすことはとても考えられない。
犬は私をよく笑わせ、ときには怒らせ、つねに無心の心を教えてくれる。

犬とわたしは、ことばでは表現しにくい特別な絆で結ばれている。
ふさぎの虫に襲われたときやすっかり参ってしまったとき、わた しは犬にサイコセラピー(心理療法)を受けることにしている。
みなさんににもぜひおすすめしたい方法だ。

母犬のほうに「お座り」をしてもらい、犬に向かって自分の気持や悩みを縷々打ち明けるのである。
彼女はじっとわたしの話に耳を傾けてくれる。
若いころに受けたフロイト派の精神分析医との違いは、犬のほうがあいづちが少ないということぐらいだ。
費用もずっと  安いし(ビスケット一枚)どんなに醜い感情や行為について告白して も、無償の愛で応えてくれる。真の友情と支援を示してくれるのだ。

ドッグサイコセラピーを15分も受けると、最悪だと思っていた問題も大したものではなかったことがよくわかる。
動物を慈しみ、その世話をすることはとてもいい修行になるものなのだ。

ペットを飼っている人は飼っていない人より病気にかかりにくいということを裏付ける研究はたくさんある。
飼っている人は重傷の病気になっても治りが早いというデータも出ている。
ペットとは責任を負うべき対象のことなのだ。

[E:clover] --------------------------------------------------------



ほあほあしてあったかいフクちゃんにふれていると、こころもからだもほんわりとほどけて、思わずほほ笑んでしまったり、涙がでてきたりすることもある。
しばらくそうしていると、ものすごく満ち足りた気持ちになる。



この現象は、いったいなんだろう。
単に「犬って癒されるよなぁ~」ってだけでも十分なのだけど、もっと奥が深いものがあるような気がしていました。



犬にはやっぱり不思議なチカラがあって、医学的なデータも出ているんだなぁ!
「ペットとは責任を負うべき対象のことなのだ。」という言葉がずしんと心に響きます。

世界中のわんこに、心から感謝[E:clover]

e0369112_19073612.jpg




by fukunosukeno | 2009-02-08 15:24

プチ自慢

想像してください。



こたつでパソコンをしています。
ふと横を見ると、フクちゃんがこんな風に寝ています。



e0369112_19073675.jpg













癒されますよね~
実際めちゃめちゃ癒されますよ(プチ自慢)[E:dog]



e0369112_19073616.jpg













このほあほあ、たまりません[E:heart04]



--------------------------------------------------



この前ヨガの講座で、広島で被爆した女性の話を聞いた。


親が亡くなり、きょうだいも次々ガンで亡くなり、その女性はいつか自分もガンになるんじゃないかという恐怖でいっぱいだったそうだ。


ヨガを始めて、いつも自分を静かに見つめているうちに自分を客観的に見れるようになった。
そして、いつしか恐怖から心を切り離すことかできるようになった。


すると、
空って青いんだなぁ。
花ってきれいなんだなぁ。

そんなことに気づくようになった。
そして、体も心もどんどん元気になっていった。

女性は69歳になった今も、元気でヨガを教えておられるそうだ。



心配事があると、そこにばかり目がいってしまいがちだけど、もっと大きなところから自分を客観的にみることができたら、違うことが見えるんだろうなぁ。
右まぶたにできた「ものもらい」の手術くらいでブルーになってる私。
ヨガも人生もまだまだ修行が足りません[E:coldsweats01]

--------------------------------------------------
[E:clover]フクちゃんのホームページもよろしくお願いいたします。
フクノスケノココロ


by fukunosukeno | 2009-02-01 19:36