<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

突然の旅立ち

突然の悲しいお知らせですが…
きのうフクちゃんが天国へ旅立ちました。




きのうの朝、母からフクちゃんの具合が悪いと電話がありました。
かかりつけのお医者さんは今日は往診に来れないとのこと…



私が実家に着いたときには、フクちゃんは少し苦しそうな息をしながら寝ていました。



フクちゃん!と声をかけても反応がなく、先に来ていた妹も私も、ただそばにいて足をさすったり「どうして…」と急変した目の前のフクちゃんの状態を受け入れることができませんでした。




フクちゃんは毎晩居間で寝て、夜中に父と母が寝ている部屋まで移動し母の布団の横で寝るのですが、一昨日は母が夜中に物音で目を覚ますと、母の布団の足元でフクちゃんがもがいているのに気づいたそうです。



抱き起こして平らな場所に寝かせたのですがその後吐いて、朝に一度起きたのですがふらふらと台所で倒れ込みその後昏睡状態になった…母からそう聞きました。




数十分くらいたったころ、フクちゃんの息が静かになったと思ったら、突然腕を痙攣させながらつっぱり、目を見開いて、口をぱくぱくとしました。



その様子はとても苦しそうで、母も妹も私も、フクちゃん!フクちゃん!どうしたらいいの?と叫びながら体をさすっているしかできませんでした。






そして、しばらくしてフクちゃんは息をしなくなりました。


「フクちゃんがいってしまった」

そのときはっきりそう感じました。





のんびり、おっとりやさんのフクちゃんは、突然急ぎ足になって、旅立ってしまいました。





今日もまだフクちゃんは本当に寝ているようで、今にも「ん?」という顔をしてむくっと起きてきそうで…



フクちゃんがいってしまったことをまだきちんと受け入れることができません。





明日には、斎場でフクちゃんと最後のお別れです。
まだ嘘のようで、ちゃんと見送れるのかどうか…



たくさんのたくさんの言いつくせないありがとうを、フクちゃんにどうやって伝えたらいいかなぁ。




今までフクちゃんを見てきてくださったみなさん、突然の悲しいお知らせで本当に申し訳ないですが、本当にありがとうございました。

e0369112_19081075.jpg


[PR]
by fukunosukeno | 2010-05-14 16:15