<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

リラックス

e0369112_19082427.jpg

















フクちゃん、大きな地震と津波があった日からひと月以上経ちました。
まだ毎日のように余震があって、地震速報が流れるたびに東北や関東にお住まいの方はどれだけ不安に思われてるだろうと胸が痛みます。

原発もまだまだ危険な状態が続いていて、事故のレベルが引き上げられたこともあってチェルノブイリのことも話題になっています。



いつもはフクちゃんのネタをゆるーく書いていますが、今日は私が習っているヨガのことで、今回の原発事故にも少し関りのある話を書こうと思います。
ちょっと難しい話もあるかと思いますが、良かったら読んでください。

[E:clover]







私のヨガの先生は、チェルノブイリの原発事故で被曝した方へヨガを教えるために、2年ほど前から何度かウクライナに行かれています。
ヨガのレッスンの合間にその様子を話してくださっていて、そのときは遠く離れた国の出来事として話を聞いていたので、日本でこんな事故が起こるなんて夢にも思っていませんでした。





チェルノブイリ事故のあと、たくさんの国が被災地を支援したそうですが、今ではほとんど忘れられ、被爆した人々の治療もほとんど行われず「ほったらかし」といっていい状況だそうです。
唯一、日本のNPO団体だけが今も支援を続けていて、その代表の方がヨガ療法のことを知り、指導を要請されました。

ヨガにもいろいろありますが、私が教えてもらっているヨガは、難しいポーズをしたり、ハードな動きをすることはほとんどなく、呼吸に合わせて体をゆっくり動かしたり、無理のないやり方で体を緊張させた後のリラックス状態をよく意識する、といったことを繰り返します。
自分の体や呼吸の状態を客観的にみることが目的なので、ポーズの形やうまい下手は気にする必要がありません。
(なので体が超かたくて運動オンチの私でも楽しく続けています[E:coldsweats01])

チェルノブイリの事故で被爆した人々は、いつか自分もガンになるという恐怖やストレスをずっと抱えていて、そのためにほとんどの人がリウマチや糖尿病、ぜん息といった心身医学で言われる心身症を患っているそうです。

ヨガで深くリラックスし、自分を客観的にみる力をつけ、恐怖やストレスを自分でコントロールできるようになれば、被爆した方の健康状態が良くなる可能性があります。
NPO団体が医療や薬の支援を行うには資金的に限界があるため、お金も設備も必要のないヨガで、被爆した人々の健康を何とか少しでも改善できるように、たくさんの方々が協力して頑張っておられます。

ヨガ指導の成果をきちんと検証するために、医師や研究者の方も同行して臨床データをとられています。
直近では今年の2月末に現地を訪問されています。
その際に、昨年先生からヨガ指導を受け、半年間毎日自分でヨガを続けてきた方々のデータをとられたところ、思った以上に健康状態が改善していることを示す結果がでたそうです。
遺伝子のレベルからの改善についても研究が進められています。
半年後に再検証しに行きますと先生がおっしゃっていました。

福島の事故はチェルノブイリと比べると今のところ被爆量も被爆した人もかなり限定的で少ないですが、放射能への不安はとても大きいものですので、良い結果がきちんとしたデータで示されたら、きっと何かの役にたつと思います。

ヨガ療法士の資格をもった先生たちが東北の避難所をまわり、不安で眠れなかったり、体調を崩されている方にヨガを指導されています。
長い避難所生活が続く方の体調が少しでも良くなりますように。

[E:clover]

↓のヨガの先生のホームページで「チェルノブイリ原発事故被爆者へのヨーガ療法指導報告書」を見ることができます。
チャンドラ・スクール・オブ・ヨーガ


[E:clover]

被災地以外でも余震などの不安でなかなか眠れない方もいると思います。
夜寝る前に布団の中でもできる「インスタントリラクゼーション」という方法がありますので、良かったら試してくださいね。

(やり方)
足の先から頭のてっぺんまで順番にぎゅーっと緊張させて(しんどすぎない程度に)、吐く息で一気に力をぬきます。
あとの脱力感をゆ~っくり意識することがポイントです[E:flair]

・仰向けに寝ころんだ状態で、両手両足を揃えます。
・一度胸で大きく息を吸ってその息をとめたまま、つま先に力をいれて足首に力をいれて、ふくらはぎ、ひざ、太ももに力をいれたら半分だけ息をはいてお腹の緊張を感じて、おしりと腰に力をいれて、手は親指を中にこぶしを握って腕全体に力を入れたら大きく息を吸って胸を広げて、肩首に力をいれて顔や頭にも力をいれてもう一度体全体をぐーっと緊張させたら吐く息とともに全身の力を抜き、両腕両足を少し広げてリラックスします[E:shine]

[E:clover]

さらにフクちゃんの写真で笑ってリラックスしてください[E:happy01]

「じゃましないでよ[E:dog][E:annoy]」(撮影日:2009年1月28日)

e0369112_19082506.jpg


[PR]
by fukunosukeno | 2011-04-21 13:37